着物暮らし はごろも

アクセスカウンタ

zoom RSS 重陽の節句・健康の有り難さ

<<   作成日時 : 2010/10/19 01:01   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

今年の夏はとても暑くて、最近になって夏の疲れが出る方が多いですね。
体調は大丈夫ですか?

画像


私の周りでは、「ぎっくり腰」の方が何人か…。
参加された私より若い方も。
当日も病院に行かれてから、お出かけくださいました。
帯はコルセット代わりになるわと。

5月に手術をされ12kg痩せられた方が、健康の有り難さを話題にされました。
元気でないと、着物でお出かけもできませんものね。
手術をされた彼女より、職場の若い方が、元気がないのよ、と。

方向性が定まらずに、どうしたらよいか分からない状態や、
人は粗末に扱われると、心身ともに参ってしまいます。
ともすると、今流行のうつ状態になってしまうことがありますね。

私が着物暮らしをするきっかけとなったのも、そのような状態でした。
心が寂しいときは、無意識に両手で自分を包みこむしぐさをします。
着物を着ると、着物が両胸を包み込んでくれるので、癒されました。
帯を結ぶと背筋が伸び、気持ちも前を向くことが出来ました。
私は着物に助けられたのだと、当時を振り返ってみて実感しています。

衣食住の環境から私たちは影響を受けていますが、
特に肌に身につけるものは、心まで影響を与えるものだと考えます。
以前、束帯のモデルをする機会がありました。
お服上げが仕上がっていくうちに、段々と気持ちが凛々しくなっていくように感じました。
ああ、このように身につけるものにより、つくられてゆくものなのだと。

また昔から、着るものに思いを込めることは多々ありますね。
背守りもその一つ。
その昔、背中は霊魂の守りの要で、着物は背縫いによって身を守ると信じられていたそうです。
しかし、子供の着物には背縫いがありません。そこで、背後から魔物が入り込まないよう糸で縫い、魔よけとしたのです。

「重陽の節句」は別名「菊の節句」と呼ばれます。
中国では、菊の花には「不老不死の薬」としての信仰があり、観賞用としてより先に薬用として栽培されていたようです。
菊にちなんだ言葉に想いが込められたお話も聞くことが出来ました。
その家では、男の子ができても早くに亡くなるので、菊を名前につけて長生きできるようにと想いをこめて、菊次郎と名付けられたそうです。
その菊次郎さんが、お話してくださった方のお祖父様と伺いました。
言葉に込められた想いは、通じるものなのですね。

昔は、子供が育つ前に亡くなることが多く、特に男の子が亡くなる率が高かったのです。
そこで、男の子に振袖を着せて育てた話を思い出しました。
もちろん「ええとこのぼん」でないとしてもらえないことですが。
すると、昔のフランスでも女の子の格好をさせると伺いました。
親の想いは、世界共通ですね。

今回のお集まりの皆さんは、初顔合わせで年代もバラバラでしたが、「重陽の節句」にちなんだお話となりました。

画像


そうそう、不老長寿でコロリといきたいものね、と意見が一致したところで、
ある方のお祖母様が、93歳で、まさにそのように亡くなられたと、お話を伺いました。
孫たちに囲まれてお花見に出かけ、楽しい一日を過ごし、夕食を済ませ、お風呂に入り、床に入ったのでした。
夜中にトイレに起きた時に、家の人と入れ違い、その後、出てこないことに気が付き駆けつけたときは、まだ暖かかったそうで、眠っているようだったと。
素晴らしいお手本のような最後の日。
あやかりたいですね。



ブログランキングにエントリーしています。
よろしかったらクリックをお願い致します。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
重陽の節句(しかも和歴で)の集まりとは、
もうそれだけで風情があるなぁ、とうっとりと拝見しました。

後ろの菊のいけばな、お菓子、皆様の装い。。。

そして。
ちょうどそのころ、ぎっくり腰で苦しんでおりましたので、
とても偶然とは思えない話題に、ちょっとウケている私です。

中程度だったので、整形外科で痛み止めもらって、16日の歌舞伎には出席できました。
本当に帯はコルセットの代わりになりますね。

装束体験、是非一度してみたいです。^^
クロベエ
2010/10/20 20:04
クロベエさま☆
その後、体調はいかがですか?
歌舞伎にお出かけができてよかったですね。
でも無理なさらないで、お大事になさってくださいませ。

装束は、椙山オープンカレッジの春の講座で体験できますよ。着るだけでなく、着せ付ける方も!
近くなりましたらお知らせいたしますよ。

トビウオ
2010/10/20 20:41

コメントする help

ニックネーム
本 文
重陽の節句・健康の有り難さ 着物暮らし はごろも/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる