節分の京都 須賀神社

やってきました!須賀神社へ。
京都市左京区聖護院円頓美町1
電話075-771-1178

拝観 無料  拝観時間 9~17時

節分の2月2日・3日には、烏帽子に水干姿の 懸想文売りが境内に現れます。懸想文(1000円)
※一緒に写真撮影にも気軽に応じてくれます。

画像


まずは、御参りをして、おみくじひいて。
目的の懸想文を手に入れました!!!
画像


梅の枝に結び文
画像


懸想文は中を開いてもかまいませんが、人知れず箪笥や鏡台に忍ばすこと。
箪笥にも鏡台にも入れなくっちゃ!と言う声もきこえました。
まぁ、まずは一つ忍ばせてみて、ご利益のほどを確かめましょう。

「お顔が美しくなり、衣裳が増えて、良縁に恵まれる」
いつの時代も女性の願いは同じです。

限定発売 和菓子 大徳屋本舗の須賀多餅も人気でした。
柚子味と梅味、どちらも美味しい!

画像




ブログランキングにエントリーしています。
よろしかったらクリックをお願い致します。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

tanuki
2011年02月12日 18:57
私も懸想文売りの方に写真をお願いしちゃいました(^^ゞ
お参りに来てた一人のおばあちゃまが、この方を不思議そうに(怪訝そうに?笑)眺めていたのが印象的でした。
懸想文の宛名と差出人の名前が、干支に由来しているのが面白いですよね♪
最近、写真に写るのがすごくイヤになってきた私なので、この懸想文の力を借りてお肌ケアをがんばらねば!!!と思いました(^^ゞ
トビウオ
2011年02月12日 22:51
tanukiさま☆
懸想文売りのことを知らなければ、何者???と思うでしょうね。
これからは、毎年御札を貰いに伺わねば!
そう思うくらい、節分の京都は面白いです。
写真映りを気になさっているのですか?
tanukiさんがそんなことを言ったら、いくつまでブログでお顔がだせるかしら?と…。
私も御札さんに頼んでおこう。
kotadama
2011年02月12日 23:05
今回もお写真のこの方から懸想文頂きました。ゴマ木に家内安全と書き、今年は車を換えたので交通神社の方でお願い(お礼)をし、稲荷さんでおみくじを引きましたおみくじで始めて「大吉」梅の枝に結んで来ましたよ。。須賀神社はコンパクトでとってもお得感があって
いいですね
トビウオ
2011年02月12日 23:47
おみくじ「末吉」でした。
結ばずに持って帰ってきました。
<願望 積極的な考え方をすれば叶う>でしたから。
笑えるのは、<恋愛 あきらめなさい>
微妙なのは<縁談 二人ありでまよう事あり心定めよ>

kotodamaさんの大吉は結んできちゃったのですか?
吉凶にかかわらず記されている教訓を戒めるつもりで持ち歩き、後にお礼を込めて納めるそうですよ。
自分にとって都合の悪いおみくじはその場で結びつけ、良いおみくじは持ち帰ると聞きました。
つまり、その場で結ぶのは凶をとどめて吉に転じるようにお願いする場合のみ。
以前に大吉を結んできたと言ったら、そのように教えてもらいました。
kotodamaさんのおかげで節分の京都を満喫できました!
神社の女性の方々もとても親切でした。
コンパクトでお得感って、いいですね!
kotodama
2011年02月13日 00:16
へぇ~そうなんですか。。おみくじの中にお守りが入っていたでしょ。そのお守りはお財布の中に入れています。最近の私はお願いは一切しません。ここに来れたことに感謝するだけなので・・・まぁ勝手な自分流ですが
トビウオ
2011年02月13日 00:27
おみくじの中にお守り???
普通のおみくじで「須賀神社」と赤い文字があるものです。
おみくじの種類が違うのかしら?
私などはお願い事だらけです。神頼みばかり!
クロベエ
2011年02月16日 18:10
懸想文、それを頂くと、「お顔が美しくなり、衣裳が増えて、良縁に恵まれる」のですか!!
初めて伺いました!!
毎年、近所の氏神様で豆まきですが、来年は行かなくっちゃ!!
売っていらっしゃる方が顔を隠してらっしゃるのは意味があるのでしょうか?寒いからでしょうか?
さすが京都、面白い風習がたくさんあるのですね!
トビウオ
2011年02月16日 23:35
クロベエさま☆
「懸想文(けそうぶみ)」とは、ラブレターのこと。
烏帽子に水干姿の懸想文売りが、肩に梅の枝を担いで、「懸想文」を売り歩きます。
顔を隠しているのは、「平安時代の昔、金に困っている貴族がお小遣い稼ぎにラブレターを代筆」していたことに由来するそうですよ。

この記事へのトラックバック

  • 棚ぼた宮古

    Excerpt: 「棚からぼた餅」 状態で頂いた宮古上布を略して、「棚ぼた宮古」と呼んでいます。 この夏は、宮古上布を体感! Weblog: 着物暮らし はごろも racked: 2011-08-27 01:05
  • ご案内

    Excerpt: 今年も残すところ、二週間となりました。 はじめに、「半襟を分け合いませんか?」とお声かけさせていただきましたが、希望人数に達しませんでした。 申し訳ございませんが、今回は見送らせていただきますので.. Weblog: 着物暮らし はごろも racked: 2011-12-18 00:17