テーマ:茶道部

茶道部・平手前

風炉も二回目。 柄杓の扱いをマスターすべく、お稽古です。 お菓子は、紫陽花。 お軸は、「白雲飛悠々」 お花は、萩、鹿の子草。 庭に、私の好きな白いホタルブクロが咲いていました。 伊勢撫子が満開。 花びらの感じが、カラスウリの花に似ています。 ユキノシタも。 柄杓の名がついた、変わ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

国際派な杜鵑草庵

五月に入って初めてのお稽古です。 五月から10月までは、風炉。柄杓の扱いがややこしい印象です。 流れるように格好よく扱えるようになりたいものです。 来日して三日目のティナさんは、ドイツの方です。 杜鵑草庵のつうさんは、英語で説明されていました。 着付けは、私が担当いたしました。 補正なしで、ゆったりと、楽な着付けをこころ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

茶道部の茶事

はにわさんのお母さまが懐石料理を習っていらっしゃるので、はにわさんのご実家で茶道部の茶事をと、お誘いを受け出かけました。 茶事の最中は、本当は撮影しないものですが、茶道部の記録として撮影させていただきました。 茶事もお濃茶も初体験! リビングが待合。桜茶をいただきました。 お軸は、「薫風自南来」。 お花は、山紫陽花…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

棚の平手前・先輩の帯姿

四月は、これでお稽古はお仕舞い。 五月からは、風炉の手前となると伺いました。 花見茶会をいれて三回のお稽古で、今度は11月の炉の季節まではしないため、忘れてしまいそうです。 棚の平手前は、棚の上に柄杓、杓置き、棗を並べます。 この棚は、足の数が2本、3本、4本と違うものがあり、お手前によって使い分けるそうです。 色々お道具があ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

花見茶会・先輩の帯姿

Wさんの紹介で、花見茶会を楽しみました。 以前は尼さんが住んでいた庵の茶室。 庭の真ん中にある傘のような枝垂れ桜が、良い雰囲気です。 少し葉っぱも出ているので、山桜系でしょうか。 よく見る枝垂れ桜とは違うようです。 こちらは、午前中に茶室側から撮影しました。 午後から茶室に向かって撮影。こちらからの方が枝…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

つうさん邸のお茶会・杜鵑草庵

「杜鵑草庵」という立派な名前があったのですね。 つうさん邸の二階が、茶室になっていました。 釣り釜のお炭手前を拝見。 本当は、懐石の前のお手前で、料理など召し上がっている間に炭の景色が移ろいゆくのを楽しむのもだそうです。 今回は、先に水餃子を楽しんでしまってからなので、はじめのところを覗かせていただきました。 白い…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more