テーマ:着物

着物でお出かけ・「愚浄山房展」での着物姿それぞれ

良いお天気で、単衣の紬が心地よい一日でした。 皆様の着物姿です。 会場で、先日きものギャラリー睦月さんにお邪魔した時にお会いした、みなみさんからお声をかけていただきました。京都ひでやさんの綿の着物をお召しでした。 半幅帯も、ひでやさんのものです。 綺麗な色目の半衿がお似合いでした。 こちらも京都ひでやさんの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

着物でお出かけ・「愚浄山房展」

第二回目となりました「愚浄山房展」は、着物の他に、木家具、漆器、白磁、硝子、銀透かし彫り、はきもの、とバラエティ豊かでした。 郡上踊りの地とあって、ルミロックの浴衣もあり。 皆様、めいめいにお好みの作品を手に取り、お選び頂きました。 土曜日は都合によりお茶のおもてなしが中止となり、残念でしたが、見ごたえのある展覧会でした。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

着物でお出かけ・郡上八幡「蕎麦正まつい」

蕎麦正まついお昼の蕎麦会席2000円は、ボリュームも味も満足でした。 要予約です。 蕎麦と日本酒は良く合います。 「やっちく」とは、郡上踊りのひとつの名前です。 どうだったけ?とエイコさん。少し振りをみせると、ああ、アレね!と。 踊り仲間が増えると嬉しいです。 美味しいものには、何…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

着物でお出かけ・郡上八幡「愚浄山房展」

名古屋を午前9時発のバスで出発。 郡上八幡の岐阜バス八幡営業所には、午前10時18分着。 市内へ行くバスの乗り、城下町プラザへ。 昨年は徹夜踊りで本町を踊り歩いたので、少し地理が飲み込めてきました。 予約した蕎麦正まついの場所を皆で確認したあとに、上田酒店へ。 エイコさん、いきなりストライクゾーンへ、突入してしまいました。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

久留米絣に博多の半幅帯

今日も、久留米絣に博多の半幅帯で、お昼寝もして(夕方疲れて寝ちゃった。。。)過ごしています。 仕事やお出かけではなく、家や近所へ行くだけの気張らない着こなしには、最適。 伊達締めや前板もなしです。 りんご会で頂いた、ソウル・スナックス・クッキーは、皆で食べようと、和裁部の日に持って行きました。 大きめのクッキーを…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

叶工房にて

名古屋友禅の叶工房へ、立ち寄りました。 エゴノキの花が満開。 工房の扉には、いつも先生の作品があります。 久々に訪れたので、新しいものになっていました。 R先生は、赤いお魚好き。 東北の土産物「金魚ねぶた」の小さいな飾り物をお渡して、喜んで頂いたことを思い出しました。 もちろん、南知多豊浜の鯛まつりな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バラと着物女子

ばら咲く鶴舞公園のりんご会での着物女子です。 ピクニックを楽しむなら、木綿の着物ね!と、レースで扇の柄が付けられているお洒落な木綿着物をお召しでした。 主催のりんごさんは、ハーモニーが聴こえてきそうな、音符と鍵盤の柄の半幅帯。 親子で着物。ママの白系の塩澤、黒い衿との組み合わせが格好いい! …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バラ咲く鶴舞公園で、ピクニック。

名古屋の鶴舞公園では、バラが見頃を迎えています。 日曜日は、りんご会主催の持ち寄りピクニック♪ 初めて参加しましたが、とても楽しい一日を過ごしました。 木陰に、テーブルと椅子を準備して、爽やかな風が心地よい中、老若男女が集いました。 主に着物繋がりです。 主催のリんごさんのお人柄で、総勢25名! 私は、マヨポ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

月見草と保多織り

夕方、和裁の師匠のところへ頼まれ物の反物を持って行きました。 道端に、白い花。 本物の月見草よ、と師匠に教えてもらいました。 段々と、ピンクになっていくそうです。 一夜の花。 昨夜の名残の花は濃い色でしぼんでいます。 子供の頃からよく見る黄色の花が月見草だと思っていたので、初めて本物の月見草を見ました。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

国際派な杜鵑草庵

五月に入って初めてのお稽古です。 五月から10月までは、風炉。柄杓の扱いがややこしい印象です。 流れるように格好よく扱えるようになりたいものです。 来日して三日目のティナさんは、ドイツの方です。 杜鵑草庵のつうさんは、英語で説明されていました。 着付けは、私が担当いたしました。 補正なしで、ゆったりと、楽な着付けをこころ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

翠の会書展と、もんぺ。

高校の同級生のYさんは、お勤めの傍ら、休まず書道を習っています。 初めの男性の師匠がお亡くなり、数年前からは女性の先生について習っています。 受付で、ポストカードを一枚いただきました。 三種類のカードから選ばせてもらいました。 お抹茶を頂いて、Yさんに解説してもらいながら拝見しました。 Yさんのテニス仲間も習い始め…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

笛の講習会、大島の二人と刺し子のジャケット

名古屋市瑞穂区の津賀田中学校にて、笛の講習会へ。 月に一回、日曜日の午前10時から。 エイコさんと、初心者の組で頑張りました。 息が長く続かないので、頑張って吹いているとクラクラします。 秘訣を先生に伺うと、毎日吹き続けることで、長い息で吹けるようになるとのこと。 耳が痛い。。。 今回から、ご一緒に笛の講習会…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大阪あれこれ

永遠のJガールさんとなんば高島屋の呉服売場で待ち合わせの前に、船場センタービル9号館の草履やちぐさへ。 草履の修理をお願いしてきました。 ちぐさのおじちゃんは、6月30日(土)、7月1日(日)と名古屋大須ギャラリーに来てくれますよ! 詳しくは、こちら→☆☆☆ kosodeさんが5月14日まで、なんば高島屋に来ていらっしゃ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ギャラリー安里&郡上踊り練習会in円頓寺

お染さんとギャラリー安里で待ち合わせ。 河野氏とは、昨年奥設楽へお邪魔して以来です。 河野氏の作品は、家具の他に、お匙や靴べら、勾玉と共に、私がヘビーローテーションで愛用している帯留めの兄弟分が並んでいました。 お時間のある方は、是非、手にとってご覧くださいませ。 5月17日(木)まで。 午前11時~午後6…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本工芸館・琉球染織展

はごろもの着物でお出かけ企画でしたが、名古屋からお二人が体調不良のため見送ることになりました。 変なお天気が続いていますから、気をつけないといけませんね。 永遠のJガールさんと待ち合わせて、大阪難波の日本工芸館へ。 5月13日(日)まで、琉球染織展が開催されています。 午前10時~午後5時まで。 13日は、午後5時に退館す…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

GWの御園座

ラストGWの日記は、御園座。 平成24年5月3日(木)~6日(日) 御園座さよなら公演 坂東玉三郎 主演 「ふるあめりかに袖はぬらさじ」 初日は午後4時からでしたので、単衣の紬に羽織りものをして行きました。 パンフレットを購入。 チケットを落とさないように、帯に挟んでいます。 単衣の紬の方から、付下げなどに袋帯…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

茶事の着物

最近は、もっぱら久留米絣に博多の半幅帯で過ごしております。 先日の茶事は、もちろん、柔らかものでした。 笹蔓の柄の小紋に小森の博多袋帯の大人しい色の組み合わせ。 今までは、似合わないと避けていた色目ですが、いかがでしょうか。 茶道部に参加するようになり、柔らかものの新たなチャレンジをと、取り組んでおります。 先輩の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

茶道部の茶事

はにわさんのお母さまが懐石料理を習っていらっしゃるので、はにわさんのご実家で茶道部の茶事をと、お誘いを受け出かけました。 茶事の最中は、本当は撮影しないものですが、茶道部の記録として撮影させていただきました。 茶事もお濃茶も初体験! リビングが待合。桜茶をいただきました。 お軸は、「薫風自南来」。 お花は、山紫陽花…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ひっそりとハナミズキの会

隣の庭のハナミズキが綺麗なので、お花見を兼ねて持ち寄りランチ&お茶をしました。 狭い、狭い、家なので、5~6名が限度です。 私を含め、大人5名、子供2名が集まりました。 夕方からは晴れてきましたが、変なお天気でした。 お稲荷さん、筍、蕗、塩麹付けの鮭、新玉ねぎのサラダ、セリのおひたし、鰈の唐揚げ、里芋の唐揚げ、あさり…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

sachiさんと睦月さんへ

久しぶりにsachiさんとお出かけしました。 岐阜県笠松にあります、きものギャラリー睦月さんへ。 睦月さんのご主人の教え子が、sachiさんのお嬢さんだったと伺い、世の中狭いものですね。 色々なところで繋がり、ご縁の不思議さに驚きます。 母より少し若いsachiさんは、mixiに万華鏡作家さんのことを記事に書いたところ、ご縁…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

COSSI 絹の装い展

上州座繰り糸の実演がご覧いただけます。 糸をとっていくと、だんだん繭が薄く透けていきます。中のお蚕さんが茶色くみえますね。 この糸をとるところを拝見すると、お蚕さんの命と引き換えに絹糸が出来上がっていくと実感します。 とても着物を捨てるなんて!小さなハギレも捨てられません。 五つの繭から一本の糸にしていき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

染織iwasaki

初めて、染織iwasakiご夫妻にお会いしたのが、十年前位でしょうか。 その時も私は、失業保険をもらっていた時だったわ。 今回は、人生四度目の失業保険。。。 保険をかけているからこそ、いただけるものなのだけれど、雇われているから失業も起こる訳で、この道一筋ではない人生です。 その点、友禅の先生も、染織iwasakiさんも、こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

叶工房友禅教室作品展

ギャラリー森の響にて、友禅教室作品。 午後1時~4時までの当番日に合わせて、お越しいただきありがとうございました。 また、初日に行ったよ!とお声かけして下さった方もいて、皆様のお心使いが嬉しく、感謝を申し上げます。 入り口の庭にて。 薫さんとクロベエさん。 入口にて、Mさんmぼたんさん、クロベエさん。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

染織iwasakiの紬とお洒落な帯展

刈谷にあります「雅趣 kujira」さんの案内をうっかり見落としておりました。 染織iwasakiの紬と、凛さんの帯が、見られます。 4月27日(金)~5月8日(火) 午前10時~午後6時 定休日は、水・木曜日 愛知県刈谷市御幸町1ー301 TEL 0566-25-9337 うーん、GWの予定が色々とあり、最…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

最近、覚王山への出没率高し。

最近、覚王山への出没率高し、です。 原因は、ギャラリー安里さん。 「伊兵衛織」に続き、4月27日(金)まで、倉井さんの「「シャカの昼寝その13」展 -ストライプの色-です。 ラオスの布の洋服やショールがご覧いただけます。 日泰寺の参道から少し入った、中国茶のお店 静かにお茶が味わえて、購入も出来ます。 そ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

雨の岐阜アースデイ

雨の中でも人出があったそうです。 三時半頃に、bigaに立ち寄ったら、バスケットは完売! シアバターを購入しました。 お染さんとbigaの前で。 雨の日には洗える着物で。この木綿の羽織りものは、この季節に活躍しています。 お染さんは、バリ島帰りなので良く日に焼けていました。 夏に向けて先取りしてますね。 お染さんは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岐阜アースデイなど、これからの予定

New! ☆4月22日(日) 午前10時~午後5時 アースデイ岐阜2012 JR岐阜駅北口 駅前広場 友人のお店は、biga(ビガ) 西アフリカはブルキナファソのバスケット・子供服・シアバターを取り扱っています。 出店ブースは、B7 bigaのバスケットは、とてもチャーミング! 仏の有名ブランドのシアバーもブルキナ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

着物に帽子・覚王山カフェ

桜が散り、日差しが眩しくなり、紫外線が気になります。 先日、試供品の日焼けどめを塗ったら、目が痛くなってしまいました。 以前にもそのようなことがあったので、肌につけるものには慎重になります。 今までは、大きな箱の中で一日過ごしていたので、昼間に外に出ることがありませんでした。 さて、今年の夏を日焼けしないようにどう乗り切るか…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

何を着たらいいの?

高校からの友人のメール。 お義母様が亡くなり、家に帰ってきたとのこと。 もし、よかったら顔みにきてやってください、とありました。 淋し見舞を持って、何か手伝いうことがあればと駆けつけました。 82歳の義母さまは、皺もなく綺麗なお肌をしていらっしゃいました。 世間で言う、嫁と姑の確執なんてなく、共働きで子育てをしてきた友…
トラックバック:1
コメント:13

続きを読むread more

伊兵衛織

ギャラリー安里にて、4月17日(火)まで。 「伊兵衛織創作展」 とても魅力的ですが、糸をとる人も高齢となり、あと何年できるか、と聞くと、せつないです。 伊兵衛織は、人を選びます。 これほど好き嫌いがはっきりしているものも珍しいかもしれません。 それだからこそ、伊兵衛織の中でも、顔に映してみると、何だか違…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more